酵素研究助成

2021年度研究助成募集要項

酵素研究助成について下記の通り募集いたします。

助成対象
研究分野:
酵素の応用研究、および生命科学に関連する酵素の研究。
応募資格:
  1. 対象研究課題に意欲的に取り組んでいる国内研究機関の研究者とします。
  2. 2021年4月1日時点で同一の申請研究テーマで本助成以外の研究助成を受けている方は応募をご遠慮ください。
  3. 複数回応募を可としますが、同一研究テーマに対する研究助成は3回を限度とします。
  4. 同一研究室(講座、分野、教室など)から複数応募いただいた場合、採択者は1名以内となります。
  5. 女性研究者と若手研究者の応募を歓迎します。
  6. 当財団の4つの研究助成(*)につきましては同一年度に重複して応募または助成を受けることはできません。
募集人数 30名
助成期間 1年間(助成期間2021年5月から2022年9月末を予定)
助成金 交付金額  総額 2,250万円
交付件数  100万円 15件、50万円 15件 程度
募集期間 2020年12月16日(水)~2021年1月17日(日)
応募について
・公益財団法人 日本応用酵素協会のホームページよりWeb申請してください。
・最初にホームページの「研究者登録」を行い、登録が完了したら、「研究者専用ページ」にアクセスしてください。酵素研究助成の「ご応募はこちらから」をクリックし、必要事項の入力および研究内容を所定の様式へ記載後、アップロードしてください。
・ご不明な点につきましては、下記財団事務局までお問い合わせください。

公益財団法人 日本応用酵素協会
ホームページ:
https://www.jfae.or.jp
E-mail:
jffa-enzymology-ml@ml.mt-pharma.co.jp
電話番号:
06-6300-2669 (Fax : 06-6300-2688)
選考方法 選考委員会(酵素研究助成)で選考し、2021年5月頃に応募者宛に採否結果を通知します。

選考委員名簿(五十音順)

氏名 所属・役職名
石橋 俊 自治医科大学 教授
伊藤 伸哉 富山県立大学工学部 教授
伊東 信 九州大学大学院農学研究院 名誉教授
金井 好克 大阪大学大学院医学系研究科 教授
神崎 浩 岡山大学大学院環境生命科学研究科 教授
栗原 裕基 東京大学大学院医学系研究科 教授
竹島 浩 京都大学大学院薬学研究科 教授
中野 秀雄 名古屋大学大学院生命農学研究科 教授
中山 和久 京都大学大学院薬学研究科 教授
久田 豊 田辺三菱製薬株式会社 免疫炎症創薬ユニット長
福﨑 英一郎 大阪大学大学院工学研究科 教授
渡部 邦彦 京都府立大学大学院生命環境科学研究科 教授
助成金交付 採択者へ交付手続き書類を送付します。ご提出いただく必要書類を財団が受理した後に振込みいたします。所属機関へは間接費免除の申請をお願いしています。また、助成金の受領方法は原則、所属機関での委任経理をお願いいたします。
報告 収支決算報告書、および研究報告書を2022年9月ごろにご提出いただきます。2022年11月~12月に開催予定の研究発表会(Web配信も検討中)で研究成果を報告していただきます。
情報公開 助成者の氏名、所属、研究題目を当財団のホームページに公開します。また、研究報告書を協会誌に掲載し、協会誌はホームページに公開します。
著作権 ご提出いただいた研究報告書に関する著作権に関して、その利用を当財団に許諾していただき、当財団では研究助成者の研究成果を協会誌ならびにホームページなどに掲載させていただます。
個人情報 当財団が本件に関して取得した個人情報は、選考作業や助成の可否の通知など本申請に関する業務に必要な範囲に限定して取り扱います。
*)当財団の他の4つの研究助成
・成人病の病因・病態の解明に関する研究助成(TMFC)
・Front Runner of Future Diabetes Research に関する研究助成(FFDR)
・Vascular Biology Innovationに関する研究助成(VBIC)
・全身性炎症疾患の病因・病態の解明に関する研究助成

ページTOPへ